推拿(すいな)とは

MENU

推拿(すいな)とは

推拿(すいな)とは

西洋医学から見た推拿の効用

代替医療に積極的な西洋では、推拿が人体にどのように作用するかという研究が進んでいます。推拿が人体にもたらす作用は医学と臨床から立証されています。

(1)鎮痛作用

痛みの元になる神経から脳へと働きかけることにより、鎮痛作用をもたらします。

(2)中枢神経調節作用

中枢神経に直接働きかけることで、リラックス効果をもたらします。

(3)損傷した神経組織の修復作用

神経組織の代謝を改善し、損傷した神経の修復作用をもたらします。

(4)心臓、血管の機能を改善

血液の循環を良くすることで、心臓機能を改善します。その結果、今までよりも血管を拡張させることができ、血液の弾力を取り戻すことにより、血圧異常を改善することができます。

(5)血液、リンパ液の循環を改善

四肢の静脈のポンプの作用を改善させることができ、血流不良を改善させます。リンパ液の循環を良くし、デトックス効果をもたらします。

(6)血液の成分を改善

血流不良が改善することにより、血液が流れやすくなった結果、血液の粘りを改善します。また、血中コレステロールの低下を促進します。

(7)呼吸器の機能を改善

肺活量が上がることにより、酸素と二酸化炭素の交換がスムーズになり、呼吸機能を改善します。

(8)消化器系の機能を改善

胃腸の働きと消化液の分泌を促進することにより、消化器系の機能を改善します。

(9)免疫機能を改善

リンパ液の流れや量を増やすことにより、血液中の白血球を増加させ、免疫機能を改善します。

(10)筋肉組織の修復促進

血液、リンパ液の循環を改善することにより、疲労物質を取り除き、筋肉組織の修復を促進します。

(11)損傷した腱、靭帯の修復を促進

損傷した組織を正常化し、修復を促進します。

(12)関節の運動障害の改善

癒着した関節を解きほぐし、運動障害がある関節の可動域を改善します。

(13)関節の修復

関節のずれや損傷を修復します。またそれによって起こった痛みを緩和します。

(14)筋肉の緊張や痙攣を修復

緊張、痙攣している筋肉を伸ばし、筋肉の弾力や動きを改善します。

(15)炎症の緩和

血液とリンパ液の流れを改善することにより、炎症が起こっている部分を緩和します。

中医学から見た推拿の効用

中医推拿

推拿は鍼灸、漢方と同じく中医学に分類されます。歴史的にも長い推拿の効果を検証します。

(1)疎通経絡・・・経絡を疎通させる

中医学でいう経絡とは、身体の気・血・水の通り道であり、経絡が滞ると人の健康状態は悪化すると考えられています。経絡は内部では臓腑に、外部では人体組織器官、四肢百骸に至るまで全身を網目のようにめぐります。経絡を疎通させることにより、内臓、器官など全身各部の機能を調整します。

(2)行気活血・・・気血の運行を良くする

体表の特定部位や経穴を刺激することにより、気血の運行を良くします。

(3)舒筋緩急・・・筋肉を弛める

中医学でいう“筋”とは、筋腱、筋膜、腱鞘、靭帯、関節包、椎間板、関節軟骨など広範囲の軟部組織を言います。筋の損傷による変化には、「筋強、筋柔、筋歪、筋正、筋断、筋走、筋粗、筋翻、筋寒、筋熱」」、表裏の虚実、患部の新旧などがあり、どれも同じではないが、いずれにしても手でよく触るべきであると中医学古典医学書『医宗金鑑・正骨心法要旨』に記載があります。

(4)調利骨節・・・関節を正しい位置に動かす

『引書』・『唐六典』・『千金要方』・『医学挙隅』・『医宗金鑑』など、多くの医学書に記載されている通り、脱臼、関節のずれ、関節機能障害に対して、関節を正しい位置に動かします。

(5)補腎益気・・・腎気を補う

中医学において腎は元気を蔵す部分とされ、推拿はその腎気を補い、身体を元気にします。

(6)調理胃腸・・・胃腸の機能を整える

『千金要方』、『厘正按摩要術』など、多くの古典医学書にも記載されている通り、腹部に直接触れて施術を行ったり、背中に対して推拿を行うことで、胃腸の機能を整えます。

(7)宣肺化痰・・・痰を排出させる

推拿は肺の治療に効果があり、痰を取り除き排出させる作用があります。

(8)美容美顔・・・身体の内外に働きかけ、美容美顔効果がある

漢時代の書物『引書』に顔への施術法について記載があるように、美容にも効果があります。

(9)養生保健・・・身体を強くし、健康を保つ

推拿は身体を強くし健康を保ち、病気を防ぐ効果あります。『金匱要略』には、按摩は疾病を予防する療法であると記載があります。推拿は按摩が進化したものです。

(10)以指代針・・・指を以って針の代わりとする

推拿は鍼灸と同じ中医外治法です。手指で経穴を点圧して刺激することを、指針またはは、点穴といい、鍼と同じような作用があります。

(11)推拿代薬・・・推拿は薬の代わりである

『幼科鉄鏡』に「推拿は薬の代わりである」とあるように、推拿の手法は漢方薬と同じような作用を持ちます。

当院の推拿施術の特徴

当院の推拿施術は辛悦式推拿・正骨法という、より早くより良く治る方法を模索・研究した結果編み出された進化版推拿です。

その特徴は以下の通りです。

・筋肉、筋膜、腱、靭帯といった軟部組織の病変部にダイレクトに刺激を与えることで組織の正常化を促します。

・脊柱の生理弯曲を正常にすることに重点を置き、神経や血管への圧迫を解除し、痛み、痺れ、違和感を根本から断ちます。

・科学的根拠に基づいて治療を行う西洋医学の考え方、正しい解剖生理学に基づいた刺激の与え方と、中医学独特の“整体観(全体をみる)”をバランス良く取り入れることで、その人にあった施術を行い、本当の病の原因を突き止めることで安全性と即効性に優れた効果を導き出します。

当院の施術は、中国伝統医学である推拿の最高峰、
「辛悦式推拿」の創始者・辛悦推拿医師に長年にわたり師事し、
直接指導のもと数多くの臨床をこなし、実績を出してきた本場の推拿を凌ぐ中医推拿です。

辛悦式推拿正骨法

内科領域

頭痛、高血圧、半身不随、顔面神経麻痺、不眠症、眩暈、耳鳴り、虚労、狭心症、感冒、咳嗽、喘息、肺気腫、胆疝痛、嘔吐、胃痛、胃下垂、胃・十二指腸潰瘍、腸管癒着、腸炎、便秘、下痢、糖尿病、慢性肝炎、遺精、陽萎(インポテンツ)、閉尿、腎疝痛、慢性腎盂炎、リウマチ性関節炎、近視等。

整形外科領域

寝違い、頸椎症症候群、斜角筋症候群、ムチウチ損傷、下顎関節炎、肩関節周囲炎、五十肩、上腕骨外側上顆炎、橈骨茎状突起部腱鞘炎、手関節捻挫傷、弾発指、腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、急性腰部捻挫傷、腰椎後方関節紊乱症、第三腰椎横突起症候群、恥骨結合分離症、仙腸関節捻挫傷、梨状筋損傷症候群、半月板損傷、膝蓋下脂肪体損傷、膝蓋骨軟骨病、膝関節の創傷性滑膜炎、アキレス腱周囲炎、急性踝関節捻挫傷、偏平足等。

外科領域

丹毒(流火)、多発性膿瘍(流注)、頸部リンパ節結核(瘰癧)、癰、急性乳腺炎(乳癰)、脱毛性毛?炎(髪際瘡)、閉塞性血栓性血管炎(脱疸)、霜焼け、凍瘡、急性結膜炎(火眼)、流涙症(迎風流涙)、急性扁桃腺炎(乳蛾)、失声症、ヒステリー球(梅核気)、歯痛等。

婦人科領域

生理不順、閉経、生理痛、子宮内膜症、功能性子宮出血、生理前緊張症、生理による身痛、生理による浮腫、生理による乳脹、生理による下痢、妊娠による咳嗽、妊娠による嘔吐、帯下、子煩、胎気上逆、妊娠による腰痛、妊娠による高血圧、妊娠による癇証、妊娠による下肢痙攣、妊娠による尿閉、妊娠による失声、胎位異常、出産後少乳汁分泌不足、出産後便秘、不妊症、盆腔炎、子宮下垂、陰吹、更年期症候群、老年生理復行、肥満等。

小児科領域

小児推拿

小児推拿治療は西洋医学的な理論の体系のもとで行うのではなく、目の前の患者が現在どのような病態であり、いかなる症状を呈しているかを見極めて、中医学理論により行われるものである。一般的には器質的変化の多い疾患、すなわち明らかに気形や腫瘍などが認められるもの、それらを正常状態に改善することは比較的期待が薄いが、それらにより二次的に引き起こされた痛み、不安などの症状は軽減されることが可能なケースが多い。なおかつ現代医学の治療効果の壁にぶつかった疾患に有効性を発揮した報告が多数である。
近代に発表された中国推拿文献によると、小児推拿の治療の可能性の高い疾患は約50挙げられている。

大いに小児推拿の効果が期待できるもの

呼吸器疾患・・・感冒、咳嗽、慢性気管支炎。
消化器疾患・・・複瀉、赤痢、便秘、厭食、疳積、佝僂病。
泌尿器疾患・・・遺尿、排尿困難。
耳鼻咽喉疾患・・・滞頤、馬牙、口瘡炎、吐乳、鼻衄。
眼疾患・・・斜視。
精神神経疾患・・・驚風、夜啼。
運動器疾患・・・筋性斜頸、橈骨頭亜脱臼、注射による臀筋攣縮症、分娩による腕神経麻痺。
その他・・・鉄欠乏性貧血、暑熱症(夏バテ)、新生児不啼、新生児不乳、発熱。

効果が期待できるものがあるも

呼吸器疾患・・・喘息、麻疹、百日咳、おたふくかぜ。
消化器疾患・・・嘔吐、脱肛、腹痛、黄疸、腸梗塞。
泌尿器疾患・・・水腫。
耳鼻咽喉疾患・・・歯痛、滞頤。
眼疾患・・・近視。
精神神経疾患・・・てんかん、脳性麻痺、佝僂病、水頭症。
運動器疾患・・・足奇形。
その他・・・新生児破傷風、突発性発疹、蕁麻疹。
 

推拿の禁忌症

以下の場合は推拿を行わないか、行うには注意が必要である。

(1)急性伝染病の者に対しては法に従って対処すべきである。毎年5~10月の間は、急性消化管疾患の者には先ず専門医の診断を受けさせ、異常がなければ推拿を行うが、診断が不明確な場合は推拿を行うべきではない。

(2)各種潰瘍性皮膚疾患、火傷、化膿性皮膚疾患がある場合は、患部及びその周辺には行わない。

(3)各種悪性腫瘍の患部、結核性関節炎の患部には行わない。

(4)心臓、肝臓、腎臓、肺などの機能障害がある、多臓器障害がある、また重度の高血圧症の者には行わない。

(5)精神病の者で、発作が起きているとき、専門医が病歴や検査から推拿治療をすべきでないと判断した場合、患者が治療に協力的でない場合は、行わない。

(6)生理中、妊娠時は、その腹部及び仙骨部には行わない。

(7)高齢で極度に身体が衰弱している者、ひどい骨粗鬆症の者には、基本的に推拿を行わない。中でも重い手法は避けるべきである。

(8)胃を切除した、十二指腸潰瘍で穴があいている、急性虫垂炎、腹膜炎、子宮外妊娠などの疾患時には、注意して行うこと。

(9)急性損傷により関節機能障害があり四肢の動きに異常が見られる、あるいは関節でない箇所での異常な動きが見られる、損傷部位に腫脹、疼痛などが見られる場合は、まずレントゲン検査を行って診断を明確にすべきである。骨折や脱臼を除いては、注意して行うこと。

(10)急性脊柱部損傷の場合、頸椎、胸椎、腰椎を動かすことができない、損傷部位以下の感覚異常、反射減弱あるいは消失が見られる者は、まずレントゲン検査、CTあるいはMRI検査を受けること。骨折、脊髄損傷を除いては注意して行うこと。

(11)急性損傷により皮下出血している者の場合、出血量の多少を見極める必要がある。損傷当時はさらなる出血防止のため、まずアイシングすべきである。その上で、損傷後24~48時間経過してから推拿治療を行う。

梅田の整体みどり推拿整体院へのコンタクト
8月22日(水)、8月23日(木)は臨時休業いたします。...

1.どんな症状でお悩みでしたか? 右肩甲骨あたりが常時痛く、右手にしびれもあり、...

首肩腰膝…と、とにかく全身が痛くて何とかしたい!と思い当日予約で駆け込みました。...

2回目の推拿でした 1回目の時より痛みが和らぎ 肩こりも以前より楽になりました。...

猫背と腰痛が気になり、初めて推拿に行ってみました 今まで受けた整体のなかで一番痛...

3回目の施術です。 首を回すと右肩が痛いことをつげました。 結果は満足いくもので...

どこに行っても改善しない足底筋膜炎でお悩みのあなたへ ☑þ...

このような症状に心当たりはありませんか? ☑️整形外...

姿勢の悪さでお悩みのあなたへ ☑️一日中デスクワーク...

どこに行っても改善しないしびれでお悩みのあなたへ ☑️...

どこに行っても改善しない猫背でお悩みのあなたへ ☑️...